2014年12月

小石川後楽園へ行ってきました。(その2)

おでかけ情報

私は初めて小石川後楽園に行ったのですが現在白糸の滝等
修復工事をしていて池の水を一部組み上げている箇所があります。
その組み上げている側と反対側の写真を。

左の写真は「小鷺」なんですかねぇ?
鳥について全く分からない者で。周りの人がカメラを構えても
幼稚園児か保育園児が近づいてきても全く飛び立つ様子も見せず
実に人馴れしていた鳥でした。

それでは紅葉の写真に戻ります。

最後に門を出てからの写真を2枚

これで小石川後楽園の紅葉の様子を終わります。
最後までありがとうございます。

スポンサードリンク

「にほんブログ村」に参加しています。
押して頂けると励みにもなり又様々なブログもご覧頂けます。
にほんブログ村 旅行ブログ 関東お出かけスポットへ
にほんブログ村

小石川後楽園へ行ってきました。(その1)

おでかけ情報

都立9庭園などの共通入場引換券を使って小石川後楽園へ行ってきました。
結構団体の方も多い印象でした。文章はこの位にして早速紅葉の写真を。
の前に小石川後楽園についてや関わった人物の写真を。

水族館モードで撮らなかったので反射して見ずらいと思いますが
やり方を忘れてしまったので。また、そのページを見ていたら
(新緑/紅葉)のモードがある事を新たに知り
今迄オートやお任せばかりでしたが今度行く予定の「六義園」では
木々や葉を色鮮やかに撮る(新緑/紅葉)モードで撮ってみようかなと。

それでは紅葉の写真を。
まずは小石川後楽園らしく東京ドームをバックにした写真を。
狙いは紅葉の赤とドームの白との対比を多少は意識して

続きまして紅葉メインの写真を

ちょっとこの先まだまだ写真を貼っていく予定で
長くなるので第1弾、第2弾と分けます。
第1弾はこれにて終了ということで。

スポンサードリンク

「にほんブログ村」に参加しています。
押して頂けると励みにもなり又様々なブログもご覧頂けます。
にほんブログ村 旅行ブログ 関東お出かけスポットへ
にほんブログ村

久々に金魚の撮影を。

家の金魚

先日久々に金魚掃除をしたので写真撮影を。
最近水温がだいぶ下がってきて青水になるペースが
だいぶ遅くなってきているので古水を大目にしました。

また家の金魚は小さいので
水深を若干大きくすれば体高も出てきて大きくなるのではと思い
いつもはプラ舟60に30L水を入れ水深10cm位なのですが
今回は+2~3㎝水深をとってみました。
(尾が崩れませんように。)

プラ舟60に今でも2匹舟と3匹舟で飼っていますが
現在の金魚の様子はこちら。
まずは2匹の方から

前も同じような事を書きましたが餌の時に
いつも追いかけられている金魚(左)は尾は綺麗なのではと思うのですが
前掛かりはなくなってしまっています。残念。

対して追いかけている金魚(右)は今でも綺麗に
前掛かりが残っています。
体のラインが細く、コブも大人しく寂しい感じがするのですが
どうなんでしょうか?

次に3匹舟の方を。(1匹目)

同じ素赤でも尾の感じからかこちらの方が格好良く見えてしまいます。

続いては2匹目と3匹目を

どちらの舟も餌の取り合いをしているので
尾型が崩れないかと心配になりますが
(1匹目は元々尾が弱かったのか取り合いが原因で崩れたのかは分かりませんが)
病気などもせず元気で何よりです。

やはり2匹飼いの方が縦に長くなっているので
短い又は短めの4匹目、5匹目を2匹飼いに変更しました。
5匹目は元々丸手という感じなのであまり変化はないかもしれませんが。

2匹から3匹になった方も3匹から2匹になった方もとりあえずは
喧嘩はなくなりました。

清掃日の夕方に金魚を見て思った事。
犬って嬉しい時とか尻尾を盛んに振りますよね。
金魚も気分が興奮している時や餌くれくれとアピールするとき
尾がピンと開き盛んに尾を振ります。同じなのかなぁと。
今回の金魚記事はこれにて終了です。ありがとうございました。

ここで報告を。
現在金魚用品の紹介ページというのを作っています。
もしこのサイトを見て金魚飼ってみようかなぁと思っている方や
もうすでに飼っている方等宜しければご高覧下さい。
宜しくお願いします。 ではこれにて失礼致します。

スポンサードリンク

「にほんブログ村」に参加しています。
押して頂けると励みにもなり又様々なブログもご覧頂けます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

< 1 2