2015年9月

スーパームーン

日常

昨日は中秋の名月、今日はスーパームーン。
昨日は撮らなかったという事
承認して頂いている方が中秋の名月を撮られていたので
私も撮ってみるかと思い撮りました。

コンデジ三脚無しの割にはよく撮れたかな?と
カメラの事よく分からないので設定は「夜景モード」のみ。
何故月の明るさに違いがあるのかは???
短いですが今日はこれで終わります。


<広告>

↓のボタンより様々なブログを御覧頂けると思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

大文字草の壊滅的状態

他の植物

今日、特に園芸作業をする予定は無かったのですが
ホトトギスを少しいじろうとしたら痛っ!!
牡丹の葉の裏にイラガの毛虫を発見。1匹を捕獲。
時を少しおいてまた見てみるともう1匹発見。
(この記事の最後に毛虫の写真があります嫌な人は見ないで下さい。)

という事でこれから気温もそれほど高くならないようなので毛虫の駆除も兼ね
牡丹の葉刈りをすることにしました。葉刈りをして明らかになった事は
題名にもあるように前々から少しは気付いていましたが
大文字草の壊滅的状態でした。(まずは全体的な写真を)

7月末の夏風邪の時に2回程灌水し忘れたのを除けば
夏の猛暑明けまでは順調に来ていたと思っていたのでショックは大きい。
少し前に状態が悪いことを確認して原因を考えてみました。

今迄は、秋の長雨及び日照不足が原因? といったん考えましたが
山野草だから直射日光が当たらない様に遮光ネットをしたりすることを
考えると日照不足は考え辛いし今迄の長雨が原因の1つなのかと。
参考にしている本に「夏の終わりに痛んだ下葉を整理すると云々」
と書かれていて、その作業をしなかった事も原因かと

あともう一つ上げるとするならば周りのブルーベリーや牡丹の鉢は
高さがありその間間に背の低い鉢に植わっている事を考えると
風通しの悪さも関連していると思うのです。

という事で私的の結論を出すと日照不足はそれほど関係ないと思い
問題は長雨による加湿と上記の理由による風通しの悪さが原因かと。
加湿は防げないので2重鉢の感じで高くするか台等の上に乗せて
背を高くし風が当たるようにすれば少しは良くなるのではないかと結論を。

ですが大文字草はこれで最後にし苧環に替えようかと思っています。
最後にそのイラガの写真を。さすがに今回刺され30匹位捕まえましたが
良くも見ずに作業。作業後に見つけた1匹の写真を撮ってみましたが
こうして見てみると黄緑色をしている結構きれいなだと思うのは私だけ?

今回、毛虫の処理を急遽行ったという事で牡丹の作業は葉刈りのみ。
本当はこの他に不要枝の整理・芽つぶし・施肥がありますが
それは後日行うことにしました。


<広告>

↓のボタンより「花・園芸」等のブログを御覧頂けます。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村

浜松フラワーパーク

おでかけ情報

「静岡県金魚品評大会」の金魚については昨日で終了してしまったので
今回は会場になった「浜松フラワーパーク」についてを少々。
行ったのは3,4年ぶりかと思うのですが今回行って最初に驚いたのは
7月から9月迄入場料が無料という事でした。

以前テレビで放送されていましたが
これは「足利フラワーパーク」を藤で有名にした「塚本こなみ」様が
理事長になって行われたことの様です。それでは公園情報を少し。

大会委員さんの説明では金魚の審査は1魚種ごとに10分位掛かり
審査している魚種については立ち入らない様にして下さいという事で
写真もある程度は撮ったしその間に園内を周る「フラワートレイン」に
乗る事にしました。写真は撮り忘れました。すいません。
「浜松フラワーパーク」のサイトの園内施設よりご覧ください。

「フラワートレイン」途中の停留所以外では止まる事は無く
その状態での写真は無理だと思ったので下の3枚しか撮りませんでしたが
家に帰ってから見てみるとぶれることなく撮れていて
もっと撮っておけばよかったと思うのでした。が予備のメモリーカードも
持って行ったのですが乗っている最中に一杯になってしまった事も有り。

写真は撮りませんでしたが曼珠沙華(ヒガンバナ)が咲いていましたし
サルスベリも咲いていました。又時期ではないので咲いてはいませんが
結構な長さの藤棚も見る事が出来ました。ちょっと遠くからですが。

「フラワートレイン」を降りサイトの説明では「カフェ ハミング」
となっている場所がこの日(9月20日)は「氷屋さんのかき氷」となっていて
堪能してきました。写真は撮りませんでしたが結構な大盛り具合でした。
それではその他園内の写真を。

私は1度も入った事は無いのですが下段右の写真右奥にも写っている
「クリスタルパレス」という大温室もあります。
また、金魚の品評会と共にこのパークにはもう1つ楽しみにしているものが
それは30分ごとに行われる「噴水ショウ」です。

最後に出口近くにあり出口にもなる建物がありそこでは
軽食やお菓子などのお土産、チューリップの球根等も販売されていましたが
目に付いた物で珍しいのでは?と思ったのは「珈琲の木」。

最初にも書きましたが9月一杯は入場料は無料との事です。
これは行かれる方各自で確認して頂きたいのですが「フラワートレイン」の
運転手さんの説明によると10月は中学生以下は無料、大人は500円ですが
500円分のお買物券が付くので実質無料というお話でした。

4回に亘ってしまいましたが、これで静岡県金魚品表大会関連のブログは
終わります。今回も御高覧頂きありがとうございました。


<広告>

↓のボタンより「旅行」のブログ等も御高覧頂けます。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

シルバーウィーク最終日

日常

今日2回目の記事となりますが。
20日は今まで書いてきた品評会へ。
21日は特にこれといったところへは行かず
22日はちょっと離れた所にある園芸店ですが
「感謝セール」が行われているので肥料を買いに行きました。

今日、本当は15日位にやる予定だったピーマンへの施肥や
金魚清掃と有機液体肥料を作るためのスペース確保を。

トマトやバシル、スイスチャードはもう時期は過ぎたかなぁ
という感じで諦めましたが
ピーマンはまだ実を生らしているので固形肥料を。

次は金魚清掃。今回は1匹ごとの撮影はしませんでした。
写真を撮るつもりは無かったのですが
今回はいつもと違う事をしたので作業をし終ってから撮影。
違う事とは今迄トロ舟60を2つに2匹と3匹でしたが
トロ舟60を1つにし5匹をまとめました。

何故その様にしたかというと、らんちゅうのサイトで
あくまで稚魚の育て方という事ですが目幅を作るにはという事で
「飼育密度をやや強める」という事なのでやってみました。
2歳でやっても食べ過ぎて運動不足で太るだけかもしれませんが
やってみないと分からないのでとりあえずやって見る事に。親魚の様子も

今日だけの様子ですが2匹や3匹だと途中から餌の取り合いがありましたが
5匹もいるからか今日は喧嘩はありませんでした。

最後に有機液体肥料を作るためのスペース確保ですが廊下?の一部を
整理しスペースを確保。そこへ段ボールに入ったミネラルウォーター2Lの
空きペットボトルを。後日、造ってみて匂いの程度によっては中止する事も。
家の中なので。 今日はこれで終わります。
最後まで御高覧頂きありがとうございます。


<広告>

↓のボタンより「金魚」等様々なブログを御覧頂けます。

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

静岡県金魚品評大会 金魚最終編

おでかけ情報

この大会では最初は各部門別に洗面器が並べられていますが
各部門の1位はまず中央の列に移動されます。
その次に最優秀賞等さらに凄い賞に輝きますと前の方へ
だと思うのですがそこまで待つと帰りが遅くなってしまうので
今日は中央に並んだ金魚の1部を。(中には違う写真もあるかもしれませんが)

スイマセンこちらも特に当歳・親魚とを区別をして
撮らなかったのでごちゃまぜの状態となりますが。

上の写真の「琉金」と最後の段の「土佐金」を見比べると
口先の鋭角具合はこの2匹の金魚だけではなく一般的に見ても
「土佐金」の方が尖っているのかなぁ?という疑問が。

右写真の金魚は恐らく出品数の1番多かった「オランダ 当歳の部」で
1番になった金魚であり、今大会の当歳の総合優勝に選ばれたそうです。
おめでとうございます!!

ランチュウも綺麗な型だなぁと。良く分かりませんが尾筒も太い感じがしますし。
この出目金は衝撃を受けました。言い方は悪いかもしれませんが
オレンジのベタッという感じの濃さと黒の組み合わせ。
本当に凄いなぁ と思いました。

もしかしたら「大阪らんちゅう」って初めて見たのかもしれません。
尾先の赤い色味が何とも綺麗。今回の土佐金の写真は影になってしまいましたが
昨日載せた写真では日陰にはなっていないのでそちらも見て頂ければと。

土佐金って尾も綺麗だし、鋭角の口先で格好良く見えます。
しかも赤が濃く私の好きな「窓」ですしね。スペースが無いので飼えませんが
土佐金だけでなくこの最後の3種は「3大地金」と言われ弱いという事なので
2週間に1度の水替えの私では無理だなと。
しかも土佐金は尾を作るために丸鉢で飼ったりしないといけないみたいですし。

地金も言い方は良くないかもしれませんが牛乳の様な深い白から
ふわりとした赤い尾が何とも美しく思います。
この金魚も弱いですし、独特の作業もしなければいけませんし。

以前も書きましたが埼玉県のイベントで飼っている人と話をしたのですが
水質変化を緩やかにする為だったかその人は水替えをエアーポンプで
行うとの事でしたが私には無理ですねぇ。。。

長々と3回に亘ってしまいましたが金魚編はこれで終わります。
途中違う記事も入りますが最終編は「浜松フラワーパーク」の
簡単な紹介記事を。写真は殆どないですし大温室にも行かなかったので。
そういえば紹介記事を書きながら確認の為にサイトを見ていたのですが
10月4日(日)11時~15時に「全国らんちゅう品評大会」が行なわれるようです。
それでは今回も最後まで御高覧頂きありがとうございました。


<広告>

↓のボタンより「金魚」等様々なブログを御覧頂けます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

昨日の続き 静岡県金魚品評大会

おでかけ情報

昨日に引き続き静岡県金魚品評大会の情報を。
昨日は部門別になっている気になった当歳魚の金魚を載せましたので
今回は親魚と色々な品種の部の金魚を載せたいと思います。
大会によっては2歳魚の部というのもあったりするのですが
この大会では2歳の部というのは無く当歳と親魚のみです。

親魚の方も最初に行ったのは「オランダの部」から。
オランダの親魚はとにかく大きかったです。
どんなに広いスペースで飼っているのかと思ってしまいました。
私はそんなに大きくなかったのですが型が整っていていいなぁと
思ったこちらの金魚が1番の好みでした。(左の写真)
大きさでは2番目に小さかったのではないかと。大きさが分かり辛いですが。

真中の写真は「大きい、大きい」と言っても伝わりにくいと思ったので
手を伸ばしてみました。手は結構上にあるので実際には手以上の大きさです。
それではオランダ以外の品種の親魚も。

特に左上の「蝶尾」ですが色濃く鮮やか。中々こんなに色鮮やかな金魚は
見ることは出来ないのではないかと。
「土佐金」も左写真の金魚は尾が左右対称だし全体のラインも綺麗だなぁと。
この記事最後は「当歳」と「親魚」の区別をせずに撮った色々な品種の部門から。

昨日は当歳、今日は親魚を中心に当歳もというような感じでしたが
出品数が多いので多くの魚種を見る事が出来ます。
載せたのはごく1部でしたが本当はもっと色々な魚種が。
来年孵化させることができたら出品してみようかと。
その為には秋か春に少なくともメスを1匹導入しようかと思っています。

今回も最後まで御高覧頂きありがとうございます。
この後は1回、もしくは2回で各部門で1等になった金魚の1部と
少しで申し訳ありませんが公園内の様子も書こうかと思います。


<広告>

↓のボタンより様々なブログを御高覧頂けます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

昨日は久々の遠出をしてきました。

おでかけ情報

昨日は3,4年ぶりに「浜松フラワーパーク」に行き
「第45回静岡県金魚品評大会」に行ってきました。

それとは関係ありませんが昨日は東名高速を走っていると
ランボルギーニ1台や結構多くのポルシェ、1番多く見たのはGT-R等
近所ではなかなか見る事の出来ない車種が。行きも良くGT-Rを見たのですが
帰りの大井松田付近で事故渋滞につかまっていると隣の追い越し車線
5台中4台がGT-Rという事も。何かイベントがあったのかな?と。
ロードバイクを積んでいる車も結構帰りは見受けられました。

富士川SA下りから富士山を撮影。今回は雲が多くうっすらと。
会場には9時ごろに到着しました。
私も育てているオランダの出品数が恐らく1番多かったです。
やはりそのへんは地域性なのかなと。
関東だとらんちゅうもしくは琉金が1番多いのではないかと。
今大会、噂では600匹以上の出品数だったとか。

最初に向かったのは私も飼育しているオランダの当歳へ。
独断と偏見でいいなぁと思った金魚を。
今回記事の写真は全て当歳の写真を載せたつもりですが
間違っていたらすみません。

撮った写真を見て基本中寸から長手の間位が好きなのか?と
特に上段の左と中央の魚が私の好みでした。
下段の2枚は雌だったらこんな金魚が良いなぁと。
(かなり昔、普通のオランダ獅子頭を飼っていた時ですが
雌は太身がある金魚が良いと聞いた事があるので。その傾向があります。)

残念ですが上にあげた金魚だけではなくほぼ全ての金魚と比べて
頭や尾の形がどうこうと言う前に迫力が違うのです。
真っ先に感じたのは目幅の広さです。
もう土台の大きさが違うという感じを受けました。
その他オランダ以外にも目に付いた当歳魚を。

私は「鹿の子模様」ってあまり好きではないのですが
上の「蝶尾」のように全体的に入っていると綺麗だなぁと思いました。
今回は部門別になっている当歳を記事にしました。(そのつもりです。)

次回は親魚と出品数が少なく部門別になっていない様々な品種の金魚の部を。
そちらは当歳と親魚を分けて撮らなかった為区別していないのですみません。
今回は当歳のみと言う事でこれで終わります。御高覧頂きありがとうございます。


<広告>

↓のボタンより様々なブログを御高覧頂けます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

我が家の秋の花1番花

他の植物

お久しぶりです。
今年、玄関周りの山野草が今迄やってきた中で1番順調と書いてきましたが
7月中下旬~8月中旬位の夏風邪で私の中では2回くらい水遣りを
さぼってしまった事や秋の長雨と日照不足から
例年と変わらないような状況になってしまいました。

その様子はシルバーウィーク最終日あたりか10月上旬にでも
やろうと思っている「牡丹の葉刈り」を行った記事に書こうと思います。
正直今シーズンは期待していただけに残念な結果に。

しかもつい先日茶色くなってしまった「ホトトギス」を抜こうとしたら
牡丹の葉の裏にいたと思われる「イラガ」に刺され痛い思いも。
ですが毎年1回ですがここ3年位刺されています。

いつもと変わらない位、良くない状況になってしまいましたが
そんな中、秋の花が咲いてくれました。 その秋の花、1番花は
「ホトトギス 紫錦」でした。

写真からも分かるかと思いますが牡丹の葉も結構やられています。
あと数週間頑張ってもらいましょう。 今回はこれで終わります。


<広告>

↓のボタンより「花・園芸」等のブログを御覧頂けます。
にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村

水作エイトMと水作エイトコアS

金魚用品

7月に「水作エイトコアS」を購入したので
大きさは違いますがもう何年も使っている「水作エイトM」とを
比較した記事でも書いてみようと思いまして。
金魚掃除をしながら撮影を行いました。

左が「水作エイトコアS」で、右が「水作エイトM」。
以降、緑の洗面器が「コアS」ピンクの洗面器が「水作エイトM」という事で。

1番の違いを感じたのは上の写真ですかねぇ。カバーが外しやすくなりました。
「コアS」は掴むようにして上に引き上げて外しますが
やり方が悪いのかもしれませんが「水作エイトM」は2つフックがあり
一端外してから1つずつ下から上に押し上げるような感じで外しています。

写真左の様に「コアS」のカバーが外しましたがメーカーサイトを見てみると
本当はカバーはろ材も一緒に外すことができるようです。
(以前掃除した時に組み立て方を若干間違えたのかな?)

お互いバラバラにしました。

「コアS」も「水作エイトM」も水道水で洗いまして
「コアS」しか写真がありませんが。このように綺麗になりました。
(いつも何も考えずに水道水で掃除をしていましたが
今回は微生物の事を考えると捨てている金魚の水で洗うのが
良いのだろうと思いましたが皆さんはどのように掃除されていますか?)

で綺麗にし終ったのでまずは石をセット。

「コアS」は縁が高くなったので入れやすくこぼれにくいです。
両方とも下の入れ物に爪があり白の石カバー?を引っ掛けて固定するのですが
今回「水作エイトM」のカバーをはめる時に手が滑り石がこぼしてしまい
また一からやり直しという事も。その様な所も改良された点なのだと思います。

あともう一つ気付いた点はもしかしたらですが「交換ろ材」の生地が
厚くなったのかな?と思った点でした。(ですが、この点は「水作エイトM」を
購入してから何年もたちますが1回もろ材を交換しないで使い続けた結果
薄くなったという事も十分に考えられるので参考にならないかもしれません。)
下の写真の様に厚みに違いがありました。

記事が長くなってしまいましたのでこれ以降は写真で。

固定ページで商品紹介を行っているのでこの様な記事を書いてみましたが
参考にならなかったらすいません。関連商品は下のページになります。

「水作エイトS・コアS(水作エイトS・後継機種水作エイトコアSと交換ろ材を紹介)」
「水作 S用カートリッジ(活性炭やコケカット等、S用のカートリッジを紹介)」
「水作エイトM・コアM(水作エイトM・後継機種水作エイトコアMと交換ろ材を紹介)」
「水作 M用カートリッジ(活性炭やコケカット等、M用のカートリッジを紹介)」


<広告>

↓のボタンより「金魚」等様々なブログを御覧頂けると思います。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

1 2 >