2016年6月

孵化して5週目4回目の選別作業。

家の金魚

先週末やらなかった選別作業をしました。
前回の選別作業では190匹位まで減らしました。
作業前、洗面器に移した写真はこちら。

だいぶ大きくなりました。主に尾曲りさんを中心に撥ねました。
通過したのは130匹位。やはり甘いでしょうか?
通過し舟に移した稚魚の様子を。

こんだけ大きくなり冷凍赤虫をあげても大丈夫かな?と思い
あげてみました。赤虫はいつも「クリーン赤虫」にしていますが
小さい赤虫で大きい個体なら食べることが出来ましたが
そうでなければ無理でした。

あと孵化した年には毎年1枚だけ買う「クリーンミジンコ」も
一緒に与えてみました。「赤虫」は大きいという事もありますが
「赤虫」より「みじんこ」の方が美味しそうに食べている様な気がします。

今迄60の舟1つで飼育していましたが次回の選別作業からは
2つで飼育していこうと思います。ストーンや稚魚用の餌など購入した
物が届いたので。今回何を購入したのかはまた後日書きますね。
その稚魚用の餌も若干大きいのか口に入れ一端吐き出すといった感じです。
以上4回目の選別作業でした。最後まで御高覧頂きありがとうございます。

<広告>







↓より「金魚」等のブログを御覧頂けます。


にほんブログ村

水郷佐原水生植物園へ行きました(その4:最終回)

おでかけ情報

4部構成となりましたが今回が最終回となります。長々とスイマセン。
今回は広域気味に撮った花菖蒲の写真とほっこりしたイベントの様子を。
(12日(日)に行ったのはあるイベントがあったからなのですが
19日にもあるようです。)や帰りに寄った道の駅の写真等のことを。
まず最初は広域気味に撮った花菖蒲の写真を

(その1)でも書きましたが最初の写真の様に札がきちんとあり
品種ごとに確認出来るのがいいなぁと思います。
続いて上の写真でも涼しげですがこれから暑い夏がやって来るのでというか
梅雨の時点から暑いということですが何とも涼しげな色合いと思える写真を。

あやめ祭りには行く予定でしたが何故12日(日)に行ったのか
それは「嫁入り舟」とはどのように行われるのか見てみたかったので
その日にしました。前にも書きましたが19日(日)も行われるようです。
「嫁入り舟」は10時30分から。それではほっこりとした様子を。

これで舟は終わりと思っていたら御親族様用の舟も続き「結の島」という会場へ。


上のイベントとは別に「おらんだ楽隊の演奏」や「野点」も行われ
売店の方では展示だったと思いますが「青いザリガニ」や「白いザリガニ」
また花菖蒲はもちろんお菓子や「メダカ」等が販売されていました。

帰りに川の駅・道の駅「水の郷 さわら」に寄ろうとしましたが
カーナビに入っていなかったので断念。(川の駅という存在を初めて知りました。)
なので行く時に帰り寄ってみようと思った「発酵の里 こうざき」へ。
最初に撮った写真。説明書きの様な看板を発見できなかったので
何故展示されているのか分かりませんが駐車場に

道の駅「発酵の里 こうざき」さんでは
普通の道の駅の様な「野菜や果物、卵、お弁当等が販売されている建物」
「麹や味噌、醤油、酢(飲める酢)、やお漬物等を販売している建物」
「レストランとカフェが入っている建物」等がありました。
レストランを利用した後に発酵市場で「小舟漬け」と「奈良漬け」を購入。

最後に車に乗る前にトイレに行こうとしたところ
入り口付近で燕の行き来が。男女のトイレのドアが隣り合っていて
燕の様子を見てみるとどうも矢印あたりに巣の土台を作りたいようですが
上手く枝などを固定出来ずに苦労しているようでした。

反対側の壁の上の部分には去年の物だと思われる巣がありますが
リユースはしないのですねぇ。ものぐさな私だったらこっちでもいいやと
お向かいの中古物件に手を出しそうですが。
これで4回に亘った「水郷佐原水生植物園へ行きました」は終了です。
最後までお付き合いいただきありがとうございました。

<広告>







↓より「関東お出かけスポット」等のブログを御覧頂けます。


にほんブログ村

にほんブログ村

水郷佐原水生植物園へ行きました(その3)

おでかけ情報

前回、前々回と花菖蒲ばかりなので花菖蒲以外の写真を。
まずは「睡蓮」の写真。

続いて「アサザ」の写真を。
1枚目の写真奥に「アサザ」が沢山写っていますが
2枚目3枚目は違うエリアでの写真です。

長い「藤の回廊」もありどの位の長さを分かって頂くための1枚と蝶の写真を。

サッパ舟という舟を利用されている方も多くいらっしゃいました。
そんな事もあり風情を味わうにはちょっと多すぎかな?と思ったりもしましたが。
舟の様子等を。

今迄よりか短いですが終わります。
次回(その4)で最終回です。終盤には「ほっこり」した出来事も紹介します。
最後まで御高覧頂きありがとうございます。

<広告>







↓より「関東お出かけスポット」等のブログを御覧頂けます。


にほんブログ村

にほんブログ村

水郷佐原水生植物園へ行きました(その2)

おでかけ情報

今回も前回と同じ様に系統別に写真を掲載していきたいと思います。
但し今回は横写真で前回載せた品種もあります。

肥後系


江戸系


伊勢系


その他

次回以降は広域気味に撮った写真や花菖蒲以外の花やイベント等の
写真を載せていきます。最後まで御高覧頂きありがとうございます。

<広告>







↓より「関東お出かけスポット」等のブログを御覧頂けます。


にほんブログ村

にほんブログ村

水郷佐原水生植物園へ行きました(その1)

おでかけ情報

日曜日は千葉県香取市にある「香取市立水郷佐原水生植物園」へ行きました。
こちらに来たのは2回目ですが初めて行ったのは一昨年の「はす祭り」なので
「あやめ祭り」に来たのは初めてになります。名前は「あやめ祭り」ですが
パンフレットには400品種150万本の花菖蒲が・・・と書かれています。

「あやめ祭り」期間中の開園時間は8時ですが到着したのは9時半前。
その時間には結構多くの人が入園されていました。
記憶が正しければ平成27年度は改修工事の為去年は1年を通じてお休みで
パンフレットによると平成28年度は5月28日~8月31日までの営業。

「あやめ祭り」でまず初めに思った事は全てもしくはほぼ全ての品種に
札が付いている印象を持ちました。という事で
今回は撮った花菖蒲を系統別に掲載しています。
「肥後系」「江戸系」「伊勢系」「その他」でグループ分けをしました。
間違えがあった場合はスイマセン。
違う事柄もあるので2回か3回かは分かりませんが複数回にします。

肥後系


江戸系


伊勢系


その他

今回は全て縦長の写真でそろえてみました。繰り返しになりますが
こちらの植物園では全てもしくはほぼ全ての株の品種が分かるようになっている
ところが良いなぁと思いました。なので品種別にしっかりと見たいという人には
お勧めです。逆に言えば無雑作感?自然感?という印象は無くなりますが。

残念な点はと言うとあくまで「小岩菖蒲園」と比べてとなりますが
ちょっと遊歩道と花との間に距離感を感じたという点です。
これで(その1)は終わります。最後まで御高覧頂きありがとうございます。

<広告>







↓より「関東お出かけスポット」や「花・園芸」等のブログを御覧頂けます。


にほんブログ村

にほんブログ村

小岩菖蒲園へ行きました。

おでかけ情報

今年も小岩菖蒲園へ行きました。まずは品種ごとに
植えられているスペースから綺麗だなと思った株を。

続いては品種ごとのスペースではありませんが札のある株で気になった花を。

次はズームで撮った写真を。

ここで少し気分転換。小さな池があり
そこでは「睡蓮」や「アサザ」が咲いていたので。

続いては満開の状態が分かり易いよう比較的広域気味に撮った写真も。
いつも思いますが「和洋女子大学」の建物が映えます。

最後に4枚。右上の写真は多分排水口の部分だと思います。
分かりにくいですが「あめんぼ」や「おたまじゃくし」が泳いでいます。
園に入った時に蛙が鳴いていたのですが発見できませんでした。
最後の2枚は同じ株ですがピンクの色合いで良いなと。1番気になった株です。

これで終わりますが今回は丁度満開の時期に行くことが出来
良かったと思います。「公益財団法人 えどがわ環境財団」の
サイトによると6月9日に満開になったようです。
最後まで御高覧頂きありがとうございます。

<広告>







↓より「関東お出かけスポット」等のブログを御覧頂けます。

にほんブログ村

初歩的なミスをしてしまいました。

プランター菜園




先日の記事「2016年プランター菜園 第1弾」では生姜を植え
余ったプランターができたのでそこに何を植えるかという事を
書きましたがもう1つ空きスペースが。

植えっぱなし球根の原種チューリップの球根を
そのままにしておくのでその鉢は植物用にと書きましたが
その事を言った張本人がオダマキはそのままに球根を掘り出したので
そこにも何かを植える事になりスペースが1鉢と
1プランターという事になりました。

という事で去年「カラーピーマン(緑・黄・赤)」を植えた
プランターにはこちらのトマト苗を。

今年はどちらもサントリーさん「本気野菜」にしました。
まず1品種目は去年も育てたトマト「こいあじ」。
御近所様には「フルティカ」という品種が評判良かったのですが
私は酸味があるトマトの方が好きなので今年も「こいあじ」を。

ラベルにも「甘さ、うま味、酸っぱさ」どれもが濃い!と書かれていますし。
私的に難点なのが大玉だからかあまり生らすことが出来ていない点です。
と思いましたが去年の記事では11個だそうです。もっと少ない印象が。
メーカーホームページの収穫数目安は15~20個なのでもう少し獲れそうです。

酸味のあるトマトが好きなのですがもう1品種は
今まで育てた事の無い品種にしようという事で選んだのが「リッチゴールド」。
何故これにしたか。「コクのある甘さ」の「コク」の部分に魅かれ購入しました。
「オレンジ系」というのも初めてだったので。
こちらの収穫目安個数は20~25個程度ということです。

まずは全体的にこの間も登場した「有機石灰」を土の上にばら撒き
スコップで土を混ぜ、苗をポットから取り出して植付け
3カ所に「超醗酵油かす」を適当に埋め最後に如雨露で水遣りをして終了。
というような感じで終わりました。(写真は水遣り前ですが)

続いては去年「けっさく」というトマトを植えていたところには
今年は「カラーピーマン(黄)フルーピーイエロー」を植えました。

こちらもトマトと同様、有機石灰を撒き耕してから苗を植え
固定肥料を周りに埋め込み、最後に如雨露で水遣りをして終了です。
その写真はこちら。

購入時から実が出来ていて、元成り(最初にできた)実は
株に負担をかけない様に早めに収穫と言う事で早速収穫しました。
と言った感じでこちらも終了。

分かっている人はかなり初めの方から「あ~あ、やっちゃった」と
思っている方もいらっしゃるかと思いますが何をやっちゃったか?
そうなんです「トマト」も「ピーマン」も同じナス科なのです。
当然「茄子」もですが。気付いたのが植えた後だったのでしょうがない。
(違う野菜でも同じ科だと連作障害が出やすいと言われています。)

今回植えたのは去年と同じ野菜ですが元々今年は根菜の生姜のみの
予定だったので多少は動きが出て良かったのではないかと思っています。
連作障害の影響がどの位でてくるかは分かりませんが
たくさん収穫出来ますようにとお願いをして終了です。

先週末の事だったので火曜日辺りにこの記事を掲載する予定でしたが
前記事の様な出来事があり今日の更新になりました。
長くなりましたが最後まで御高覧頂きありがとうございます。

<広告>







↓より「花・園芸」等のブログを御覧頂けます。

にほんブログ村

急遽3回目の選別作業を

家の金魚

今回は急を要したので写真はありません。
お題にもあるように急遽3回目の選別作業をしました。
何故したかですが5匹お亡くなりになっていて急に5匹も亡くなるなんて
何かおかしいぞ!!と思い、急遽、掃除&水替えをしたのですが
それをやるのであれば選別作業もやってしまおう という事で行いました。

今回は約50匹撥ねました。2回目の選別から中1日で
そんなに撥ねるなんてやはり甘いのだなぁと思いました。

孵化させるのは失敗が多いため数年に1回のペースで
あまり経験があるわけではありませんが
今迄針仔の時点で数匹もしくは今位で1,2匹というのはありましたが
まとめて死なせてしまうというのは初めてで原因も分からぬままです。

なので水と塩はいつもと同じようにしましたがエアを少し強くし
ストーンは水流の影響を極力受けない方が良いかな?と思い
端に置いていましたが中央に。念の為カルキ抜きを30Lの所に40L分
入れて終了しました。(本当は選別などせずサッサと舟に戻すのが
良かったのでしょうが。)その後、寝るまでに3匹死なせてしまいました。

その時点でも死んでいるのか眠っているのか分からないような状態で
端の方で浮いているのが10匹位居たので明日(水曜)の朝も
少なくとも5匹位は覚悟しておかなければいけないかなぁと思い
眠りにつき翌朝恐る恐る覗き込みましたが0匹でホッとしました。

中1日空けた木曜日には1匹亡くなっていましたが。
原因が分からないことが嫌なところです。暗い話題で申し訳ありません。
原因はこれではないかというのがありましたら教えて頂ければと思います。
という事で稚魚は約190匹となりました。
急な出来事だったため写真も無くすいませんがこれで終わります。

<広告>







↓より「金魚」等のブログを御覧頂けます。

にほんブログ村

2回目稚魚の選別(孵化後3週目)

家の金魚

昨日書いたように思っていたよりも大きくなったため
(シュリンプの殻の様な物で汚れた事もありますが)
6月11日(土)にやろうと思っていた
2回目の選別作業を行いました。
洗面器に全て移した写真がこちら。

金魚も大きくなってきているので第1回目の記事の写真よりかは見やすいかな?
とも思いましたがより見やすくという事でマクロ機能を使いアップに。

この様な稚魚を約300匹位残したというのが第1回目の選別でした。
1回目の選別が自分の中では甘かったと思っていたので
今回の選別では多くても150~200匹位にしないといけないかな?
と思いながら2回目の選別作業を行いました。

合格した稚魚は舟に直行なので洗面器ではなく
舟での写真となりますがこの様な稚魚を残しました。

上記のように書きましたが結局残した稚魚は約250匹。
審査基準が甘いのか約50匹しか落とせませんでした。
自分の中で合格基準が固まっていないので選別にも時間が掛ってしまいます。
やはり甘いのでしょうか?どう思いますか?

あとこれはどうでも良い事ですが緑の舟なのに蛍光灯の波長の影響からか
すっかりブルーの舟で飼育しているように見えますがグリーンです。

これ以降はあまり選別できなさそうなので第3回目以降の選別では
少しずつ減らしていき舟が1つ空いているので2つに分けて
飼育しようかと思っています。以上2回目の選別作業でした。
今回はこれで終わります。最後まで御高覧頂きありがとうございます。
<広告>







↓より「金魚」等のブログを御覧頂けます。

にほんブログ村

1 2 >