咲き進んでしまった株もありますがクリスマスローズ紹介(1)

クリスマスローズ


咲き進んでしまった株もだいぶありますが
咲き進んだ状態の紹介の意味も含め今の状態を紹介します。

まずは外や玄関先に置いてある株の紹介を

まずは母親のクリスマスローズ。横山園芸産でプチドールが
売り出される前年に購入したものです。いつもここに置いてあり
遮光など特に気を付けることも無く一番構わずに育てていますが
写真からも分かるように多花性の株です。

こちらは初めて昭和記念公園に行った後に野田園芸さんに立ち寄り
購入したイエローのクリスマスローズ。この時は黄色というだけで
珍しかった様な気がします。昭和記念公園では最後1株のSSゴールド
があり2万円だったか5万円だったかの時代でした。

その帰りにビール工場の近くにある市場に立ち寄りマグロ丼を食べた
という記憶があります。その何年か後にもその丼屋さんに行きましたが
残念ながらその時はもう無くなっていました。

左は古いタイプの花だと思いますが初開花株で
今回お世話になった叔母さんがクリスマスローズを欲しがっていたので
この株を送ろうかと。

右は大きめな鉢に植わっているので過去に咲いている株だと思うのですが
蕾の花色を見ても過去にこの様な花色で咲いた株ってあったかなぁ???と
思っています。大抵は覚えているのですが・・・。

こちらのあまり構わないけれど沢山咲いてくれ良い匂いでもある
以前紹介した「リグリスク」です。写真の花は咲き進んでしまったからか
あまり匂いはしませんでした。

今日最後に紹介の株は四国造園で今季初購入だった
「ddグラデーションゴールド」を。咲き進むと紫が消えていくという感じで
2度楽しめると言った感じです。不稔だったので購入できたと思っていますが
交配したわけでもないのに膨らんでいる。(左の写真)。
売り場で花粉が付いたのでしょうかねぇ。

今回はこれで終わります。最後まで御高覧頂きありがとうございます。
家には生産者さんが名前を付けたクリスマスローズはありませんが
もし宜しければまた御高覧ください。

<広告>







↓より「クリスマスローズ」等のブログを御覧頂けます。


にほんブログ村


« »