今迄紹介してきた今季購入3株のその後や気付き

クリスマスローズ

<広告>

今回は今迄紹介してきた今季購入株のうち3株を再び紹介。
開きかけの蕾買いで開いたらブログに書くと言ったにも関わらず
未だに書いていないこと株の写真や
1花と2花で違う株(それほど変化はありません)
思いもかけない変化があり面白いと思った株の紹介です。

まず最初は「四国造園 ドラフト会議2019」でお迎えした
大木ナーセリーさんの「ホワイトオーレア糸ピコsd」
購入時第2花の蕾が黄色ぽかったので若干黄色になるかと
思いましたが第2花も白く咲いてくれました。
結構第1花は白いけど第2花からは黄色っぽいという株を
かなりの確率で見るので不安でした。

白く咲いてくれたことは嬉しいのですが個人的に残念なことも
ネクタリーや糸ピコの色が赤から紫に変わっている。
白と赤の対比が綺麗だったのに対し少し残念。
(左:第1花、右:第2花)
写真で見ると赤というより赤紫ぽかったといった感じですね。
ネクタリーの輪が1周り大きくなったような感じもします。

続いては「咲いたらブログに載せてね」と言われていたので。
音ノ葉クリスマスローズフェア2019初日に購入した
開きかけの蕾状態でお迎えした
広瀬園芸さんの「ホワイト・ボカシ」と書かれていた株

購入当時は(パステリッシュストレインの様な柄のdd)
になるのかな?と思っていましたが札通りのボカシ柄。
個人的にはもう少し濃いボカシが良いかなとも
思いますがどうでしょう?(初ボカシ)

しかし優しいボカシは心が落ち着きます
何しろ最後に紹介する株も含め花型が綺麗。

今回最後の株は
広瀬園芸さんの「バイカラー 小輪」と書かれていた株
(左:購入時、右:購入から約1週間後)

最初はお迎えしてから1週間後白っぽい所に色がのってきて
段々濃いエンジ変化していくのだなという位にしか思っておらず

ある日蕾の時点ではどんな感じだろう?と思い見てみたら
札に「バイカラー」って書かれているので 当然かもしれませんが
蕾はバイカラーつまり「バイカラーがバイカラーではなくなる」という株
葉が邪魔して見づらいですが右写真の奥にある蕾が
いずれは手前のように変化していく という株でした

色が変化していく株は初めてなので驚きで
またその変化を楽しめて嬉しいです
その後もお迎えした株が数株ありますので
後日ご紹介させて頂きます。
それでは今回も最後まで御高覧頂きありがとうございます。

<広告>

↓より「クリスマスローズ」等のブログを御覧頂けます

にほんブログ村 花・園芸ブログ クリスマスローズへ
にほんブログ村

↓より「クリスマスローズ」のブログを御覧頂けます


クリスマスローズランキング

« »