昭和記念公園~こもれびの里~

おでかけ情報

今回昭和記念公園最後のブログは
「こもれびの里」というエリアでの写真です。
(このエリアは砂川口駐車場が一番近いです。)

「こもれびの里」は昭和30年代の武蔵野の農村の心象風景を
再現することを目的としていると言う事のようです。

囲炉裏の所に係りの人がいて火を焚いていました。

ここまでが主屋の写真。続いては長屋門の前に移動すると
なんか昔の農家の車というと必ずと言っていいほどこの車が思い浮かびます。
(と言う事は当時の大ヒット商品?)
ダイハツ ミゼット 年式:1967年

次に左は長屋門の中、右は外蔵の中を撮影(唐箕等が)。

私が卒業した小学校には当時
臼や杵、千歯こぎ、唐箕等が展示されていたので懐かしい気分になりました。
今も展示されているのかな?
最後に庭の一部の写真を撮って去りました。

で昭和記念公園での出来事はここで終了ですが
上の黒電話より新しい物ですがうちにも黒電話がありまして。
現在は使っていませんがとりあえずあると言う事で。
回転式チャンネルのテレビも25年前位前まで使っていましたし。
その黒電話も10年位前まで使っていました。

スポンサードリンク


にほんブログ村に参加しています。
押して頂けると励みにもなり、様々なブログもご覧いただけます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« »