桃とブドウを求め勝沼へ

おでかけ情報

土曜日は人生初、勝沼に行きましてブドウと桃を堪能してきました。
と言っても狩ってきたわけではなく
1皿分の金額を払いブドウ3房と大きな桃1個を味わいました。
余った分はお持ち帰りもOK!という事で帰りの車中で。
又、味見をして自宅用に2房買って帰りました。

ブドウ園の写真もなく買ってきたブドウの写真を載せても
面白みも無いだろうという事で今回載せる写真はこちら。
こちらの桃は1,000円!!

通常の物もありそちらは品種名は書かれていなかったのですが
スーパー等で売られているのよりかは1周りから2周り位大きいのが
2つで1,000円だったかでやはり高いなぁと。

端に値段が書かれていない状態で置かれており聞いたら
販売品ですが傷物で1箱1,000円という事なので購入しました。
中央やその右側の赤が濃いめの桃がかなり美味しかったです。
(品種は分かりませんが知りたい気分になりました。)

ですが残念ながら傷物の桃という事で幾つかはかなり傷んでおり
2、3個ほど1/3程度切り取らなければならなかったりもしましたが。
承知の上で購入したという事もありますが。ちょっと想像以上でした。
ですがこの量での価格はかなりお買い得だと思っています。

又隣の園にも行き最初の所には無かった「巨峰」と「藤稔」を購入。
(今回は「藤稔」というブドウを食べてみたいというのがあったので。)
ですが2品種とも「種無し」での販売でした。

私が古い考え方の人間だからか?同じ品種でも
「種有り」の方が美味しいと思うのですが皆さんはいかがでしょうか?
よほど皮が厚くない限り皮ごと食べるので皮に接地している実側と
種周りの部分の2カ所が美味しいと勝手に思っています。

又私は先ほども書いた通り皮に接地している部分が好きなので
基本濃い紫色のブドウが好きなのですが
最初の園で購入した「翠峰」これは緑色のブドウですが
味見をしてかなり美味しかったのでそちらも購入しました。


<広告>

↓のボタンより「旅行ブログ」等御覧頂けると思います。
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

« »