浜離宮恩賜庭園(その2)

おでかけ情報

それでは「浜離宮恩賜庭園(その1)」の続きを。
下6枚のうち左上の写真以外は「内堀広場」からかと。

内堀広場にはボタン園とお花畑があり
お花畑では春は菜の花が、秋にはコスモスが咲くそうです。
そういわれてみれば上にある6枚のうちの右上にある写真
手前の木々は牡丹だと記事を書きながら気付きました。
そして下の写真の橋を渡り出入り口方面へ。

橋を渡っているとすぐ近くに右写真の水門が。
(水門と言って良いのか分かりませんが)
水門の向こう側は築地川で庭園の角を過ぎると東京湾の様です。

で出口に行こうとしましたら下調べを何もしなかったので
知らなかったのですが「三百年の松」なる巨木が。

そして園内出入り口付近を再び撮り

入る時にはそんな気にも留めていなかった
石垣が見事だと気付きそちらも撮って帰りました。

入る時に園内の地図などが書いているしおりを取って入り
「浜離宮恩賜庭園」って凄く広いなぁと思って帰ったのですが
帰宅後しおりを見ると花木園周辺と内堀広場位しか歩いていなかったので
今回は園全体の1/5~1/4位しか散策していない事に。

そういえば庭園奥にある「鴨場」や「中島の御茶屋」「松の御茶屋」
「お伝い橋」「潮入の池」等を見た記憶が無いので。
その理由は初めの方しか地図を見なかった事やこの後所用で
3カ所行かなければならない場所があり時間的に余裕が無く
しょうがないと言えばしょうがないのですが。

体感的にも広かったですし「六義園」よりも2.5倍以上も大きい
という事が分かったので今度多分来年の春か秋になるかと思いますが
1日かけて園内を散策してみようと思います。花菖蒲、桜、菜の花
コスモス、牡丹園、藤棚、梅林等があるようなので楽しみです。
それではこれで終わります。次回も庭園情報の予定です。

↓より「関東お出かけスポット」等のブログも御覧頂けます。

にほんブログ村




<広告> 


« »