金魚掃除をしたのでいつもの様に

家の金魚

前回の金魚掃除から2週間経過したので金魚掃除を。
写真はありませんが隣り合って置いてあるのに
蛍光灯在りの方は濃い青水になりますが無い方は透明のままです。

もちろん透明に見えても確実に水は汚れているので水替えです。
今回は2歳魚のトロ舟60を2つとトロ舟80が1つ
また90㎝水槽の水が少なくなった分を足す といった作業でした。

それプラス、次回、もしくはその次の記事を作成する為に
違う写真を撮ったりもしました。それは次回もしくはその次にという事で。

いつもの様に金魚掃除をしながら2歳魚の撮影ですが今回は2枚ずつ掲載。
以前も書いたような事も載せていますがご了承ください。

まず最初は「素赤」の金魚。恐らく雄。こちらが少し左の尾ひれを
切ってしまった方。もう1匹の素赤より少し大きめです。

続いては度々書いていますが通称:「窓さん」(「大窓」ですね。)
たぶん5匹の中では唯一の雌なのではないかと。紅一点。
もっと縦に長くなってくれたらよかったのですがと思っています。

続いては歳魚の金魚より少し小さな「素赤」の金魚。
理由は分かりませんが当歳の時から同じ素赤でもこちらの素赤の方が
気に入っています。頭(瘤の出)が若干良いような気もしますし
尾の張りもこちらの方があるからかと。

先日まで「窓さん」はこれ以降に紹介する2匹と一緒だったのですが
食事時のバトルが激しい為、素赤2匹の舟に引っ越しました。

下2匹の舟もそうですが餌やり開始時は
お腹が空いているからか他の金魚を気にせず餌一直線ですが
ある程度食べると縄張り意識が働くのかバトル開始となります。

以前、違う世代で2匹から3匹にした時
1匹がもう1匹を追いかけている時にもう1匹は食べ放題状態になるからか
バトル状態が緩和した事があったので金魚は3匹以上で飼うのがベストではないか
とそれ以降思っていましたが。この世代は3匹でもバトルをしています。

続いては「更紗」なので見ているだけでも楽しい金魚です。
瘤の出も1番良いのではないかと思っています。
元々「素赤」もしくは「赤勝ち更紗」が好きで頭も更紗になっているので
柄だけ見ても最も好みに合っているなぁと思います。
しかも体系は中寸が好きなのでそこも良いかな と。

最後は最も「長手」の金魚です。中寸好きにとっては長すぎる感もありますが
型が整っていて尾形が綺麗だと思うのでこれはこれで良いかなと。
ですが太身が欲しいなと思います。私は勝手に「白かんざし」さんと命名。

通常「かんざし」とは「面白」(頭が白く)目先(目より前の部分に)
少し赤が入っている金魚を言うようですが
この金魚は頭は赤で、目より上の部分に白が少し入っていて
目より上の部分という事で人間で言えばより髪の毛の部分という事になり
寄りかんざしのイメージに近いという事で勝手に命名。

まぁ自分の金魚に命名している分には自由だと思いますので。
柄という事で紹介している訳ではありませんし。
今回もいつもと同じようになり又以前書いた様な事も書きましたが
最後まで御高覧頂きありがとうございます。


<広告>

「ブログ村」に登録していますので宜しければ。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

« »