久しぶりに我が家の金魚とイベント情報を少し

家の金魚

<広告>




だいぶ前の10月9日(月)のことですが金魚掃除をしたので
いつものように2歳魚の写真を撮ったので。順番もいつもの通りに
まずは1番大きな2歳魚から。


続いては2歳魚唯一の雌魚。

縦に1本の更紗金魚。
(以前かつぶしと書いていましたが間違いですので訂正します。)

最後は2番目に大きい素赤の金魚を。

金魚掃除の前日8日(日)のことですが
千葉県千葉市若葉区にある井ノ口養魚場に行きました。
何故かというと オランダ獅子頭遊魚会第1回品評会が行われたからです。
去年の春の当歳会に参加するまで日本オランダに関するイベントは
浜松まで行かなければならないと思っていた者に対しては大助かりです。

近くの集会所の駐車場に止め井ノ口養魚場まで。
先に止まっていた車もあり遅くなったかな?と思いましたが
10時迄開かないという事で引き帰す人もいた事もあってか1番に。
2番目のご家族は私の出生地の足利市という偶然もあり話も弾みました。

開門し品評会に向かいましたがまだ審査中という事もあり入れずイノフェスへ。
そこでは有名な方々の金魚がお店では見られない価格で販売されていました。
私も1匹欲しい日本オランダがいたのですが限られたスペースという事と
教えて頂いた事を基に孵化させ育てようと思っているので我慢。

品評会の写真が無くすいませんが当歳にして凄く幅があり
家の金魚は幅だけをとっても負けていました。
尾の張りも素晴らしく綺麗で頭の肉瘤も見事でした。

また品評会では4名の方とお話をさせて頂きましたが
本には書かれていない飼育方法を教えて頂きました。
語弊があるかもしれませんが本には健康的に長生きさせる飼い方。
教えて頂いた方は金魚を造りこむ飼い方で目的が違うので違うのかなと。
教えて頂いたのは餌の種類や与え方、水の交換についてでした。

また餌の種類も当歳にそれなりに赤虫を沢山与える方。
又は人工飼料は栄養のバランスを考えられて作られているので
赤虫はほどほどにし人工飼料をメインにされている方など
有名な方々でも飼育方法が異なる点も知ることが出来ました。

その内の1人に「来年会に入る事を考えています」と言ってしまいましたが
会に入ってしまうとイノフェスで購入出来ないような気がするのでどうしようかと。
こんな記事を書いていて言うものもなんですが正直に言うと
今は部外者なので思うのかもしれませんがあまり有名になってほしくないと思います。
有名になり過ぎると並ぶことだけでも大変になってしまうので。

話は変わりますが、今年は静岡県の金魚品評大会は台風で中止に。
もしかしたら弥富の金魚日本一大会もと思いましたが行われましたね。凄い。
それでは長くなりましたが最後まで御高覧頂きありがとうございます。

<広告>








↓より「金魚」等のブログを御覧頂けますので宜しければ。

にほんブログ村


« »