最近の料理とサンマを食べて思った問題提起

日常

皆様お久しぶりです。最近更新していないからか
右下に貼ってあった私の他のサイトのリンクがいけないのかは分かりませんが
ブログ名で検索をかけてもこのサイトが出てこない困った事項が発生しています。
別にgoogleからペナルティ等も受けていないので何が原因だか分からない状態です。

それではあまり美味しそうに見えませんが最近作った料理を。
まず1品目は「スペアリブの煮込み料理」です。

9月上旬の料理なので詳しくは忘れましたが
材料はスペアリブ、にんじん、シメジ、さつま芋、茄子といったところだったと。
家は天ぷらでもさつま芋は使わずジャガイモを天ぷらにします。もちろん煮物にも。
ということでさつま芋ってあまり料理に使わないのですが煮物料理に使っても
甘く美味しいので気が向いた時に使っています。

鍋に油をひきスペアリブの表面を全体的に焼きナス以外の野菜を投入し軽く炒める。
水をひたひたの少し多目に入れ半分に切り皮側に隠し包丁をいれておいた茄子を
上に載せるような感じで。
味付けは出汁の素を少し少な目〈出汁の素だけだと甘くなるので〉
鯵を引き締めるため塩を少々〈適量〉といった感じです

続いては麻婆豆腐

人生最後の食事と分かっていて外食は駄目だというなら
自分で作った麻婆豆腐を食べると決めています。
外食も許されるのであれば林先生お勧めの九州小倉駅近くにある
鰻屋さんに行ってみたいと思います。
今回は少し最後のごま油を多く入れすぎてしまったと反省

作り方はその日によってフライパンに入れる順番が若干変化しますが
大体以下のような感じ

粗微塵にした生姜とニンニクフライパンに置き油をかけ弱火の火を入れる
匂いが出てきたところでひき肉を投入し良く炒める。
豆板醤と甜麺醤を2:1もしくは1.5:1位入れる
水を適量入れ日本味噌少々、醤油少々、(味噌と醤油は入れすぎると塩辛くなるため)
トマトケチャップ、ガラスープの素を入れる。豆腐は事前に1回煮ておく場合と
切ってそのまま投入する場合がありますが1回煮た方が弾力があっておいしいです。

その豆腐を投入ししばらく煮込み時折豆腐が崩れないようにフライ返しで軽く混ぜる。
豆腐全体に汁を付けるため切らないように返すという感じ。これ位で良いかな?
と思ったら火をいったん弱め水溶き片栗粉フライバンの全体的に投入。
適度に混ぜいい硬さ具合になったと思ったら強火にしごま油を鍋肌に。
多少フライパンに若干焦げ付く位で火を止めお皿に盛りつけ。

盛りつけたら花椒〈ホアジャオ〉を入れますが初めての方は舌の上で
竜巻が起こっているのかと思うかと思うので量に注意。
最初はかけないで食べ以降試しに少しかけるという方がが良いかも。
今迄買った事の無いメーカのを買いましたが多く掛けてしまった事もあり
竜巻が起こりまくり。場合によってはかけない方が美味しく食べられます。
特に初めての方は量に気を付けてください。初めて花椒をかけた時は衝撃でした。

続いては旬になり安くなったイワシ料理。1匹60円位「いわしの梅干煮」
4匹もいらないのですが1パック全て4匹入りだったので

一応鱗が無いか軽くチェック〈見た目や包丁の背で軽くチェック〉。
いわしの腹を切り内臓を取り出し鍋へ。臭み取りの意味合いで
生姜を少々集めにスライスしたものと梅干を。
(この梅干はスーパーで売っている様な梅漬け的なものではなく
田舎の手作り梅干なので汁につけてあるわけでもなく
ハチミツや出汁で味付けされているものではありません)

その上に収穫した茄子と買った茄子1本ずつ半分に切り皮側に隠し包丁を入れ
上に載せるような感じで煮込む。味付けは出汁の素と塩を少々といった感じ
煮込んだ梅干がなかなか美味しいです。

で最後に問題提起的な物を。旬になり「秋刀魚」が安くなってきました
1匹100円の時があったので今秋になり3匹新秋刀魚を食べました
皆さんは焼いた新秋刀魚をどの様に食べますか?
私は内臓も綺麗に食べます。秋刀魚も金魚と同じく胃が無いものだとすると
腸にあたる部分?も一緒に食べた方が美味しく感じるので
ハラワタと共に食べてきましたが最後に新秋刀魚を食べた数日後つい先日の事ですが

「マイクロプラスチック問題」
ニュースでやっていてそれを見てハラワタは食べても腸の様な食道の様な部分は
胃に蓄積されたり体内に吸収されてしまう気がして今後は食べない方が良いのかも
と思ってしまい気分が沈みました皆様はどう思いますか?
久しぶりの更新で長くなりましたが最後まで御高覧頂きありがとうございます

<広告>



「にほんブログ村」に参加しています


にほんブログ村

«