【NOTOHIBAKARA】のエッセンシャルウォーターと
エッセンシャルオイルの紹介

日常

12月上旬に「加賀木材株式会社」さんが勢造販売している
【NOTOHIBAKARA】エッセンシャルウォーターの
体験会があり参加しました。

まず原材料である能登ヒバには
「抗菌・除菌」「防虫」「防臭・アロマ」の効果がある
ということです。

【NOTOHIBAKARA】エッセンシャルウォーターにもその効果があり
「抗菌・除菌」の面では
複数の菌やウイルス等に対し減少や不活性化が確認されたという事です。
(※複数検査の一例で全ての菌・ウイルスに効果があるわけでは
ありません。また必ずしも性能を保証するものでもありません。
試験機関:一般財団法人 日本食品分析センター/
       株式会社 食環境衛生研究所)

「防虫」の面では
ゴキブリやダニの忌避に効果があるという事でした。
また「防臭・アロマ」の面で
アンモニアに対する消臭力では10分間で大幅な減少したということです。
「アロマ」に関しては私の使用方法の箇所で

またその他の特徴として
・能登ヒバから抽出されたヒバの蒸留水のみで作られていて
  天然成分100%であるということ
アルコールフリーなのでアルコール消毒液と比べ揮発性が低いので
  その分効果の持続性があるということでした。

セミナーに参加した特典として
【NOTOHIBAKARA エッセンシャルウォーター 200ml】と
【NOTOHIBAKARA エッセンシャルオイル        5ml】を
頂きましたがその後どのように使っているのかを書いていきます

私の使用法その1:【抗菌・除菌】と【防虫】の観点から。
以前、食器棚の引き出しにゴキブリを見つけ食器棚の大掃除しましたが
その時にスプレー容器のエタノール消毒液を棚の内部全体に吹き付け
キッチンペーパーで乾拭きをし、その後キッチンペーパーもしくは
タオルを敷いて食器を所定の位置に戻す前にまた隙間から
ゴキブリが入る事は想像できたのでどうすればよいかを調べました

その結果「ハッカ油」の匂いが苦手という事を知り
皿を戻す前に敷いたキッチンペーパーやタオルの扉近くの部分を
重点的に水で薄めたハッカ油を霧吹きで吹き付けたり
もしくは原液を垂らしたりしましたが

サイトにもヒバ材の3つの効果として「ゴキブリ忌避率はぼ100%」と
書かれていて体験会でもその効果があるという説明を受けたので
代用になると思いましたし食器棚も木製なので
ハッカ油と比べると匂いに違和感のない感じです。

今回敷いたタオルの扉近くやとレールの溝に
【NOTOHIBAKARA エッセンシャルウォーター 200ml】を
大目に吹き付けたり
【NOTOHIBAKARA エッセンシャルオイル   5ml】を垂らしてみました。
白いタオルにエッセンシャルウォーターはシミにはなりませんでしたが
エッセンシャルオイルの方はやはりオイルだからだと思いますが
良く見なければわからないほどの黄色いシミが。
タオルと表面加工されていないレールの溝部分に使ったからか
香りの持続時間は永いと思いました。

また【抗菌・除菌】と【防虫】の2つの効果があると考えると
食器棚に付いた菌全てに有効性があるかは分かりませんが
殺菌・消毒の為にエタノール消毒液、ゴキブリが再侵入防止の為に
ハッカ油の計2点を購入しましたが
この商品だけで済むのではないか?とも思いましたし
作業も1回で済みますね。

ですが活動期ではない12月から使用しているので効果は分かりませんし
 活動期でもいれば効果無しと容易に判断できますがいなければ
効果があるのか偶々いないのかを判断するのは難しいです。

また、住んでいる家は築50年位で床もふわふわする箇所があり
本当は白アリの点検をしなければいけないのでしょうがあまりする気も無く
サイトにヒバ材の3つの効果として「白アリ、害虫を寄せ付けない」と
書かれているので畳の上から吹き付けたりもしています。

私の使用法その2:【アロマ】の観点から
部屋での使用(その1)
匂いが澱んでいるな等と感じた時に
【NOTOHIBAKARA エッセンシャルウォーター 200ml】を
3、4回スプレーしています。そうすると澄んだ気分になれます。

部屋での使用(その2)
以前冬の倉庫で整理作業をした事があるのですがチームの1人が
プラスチック容器を広げると紙のようなものが扇形に広がり
プラスチックの方に水を注ぐ自然気化式の加湿(器)を
持参してきた事があり気化効率も考えられ扇形になっていると思うので
それが一番良いのでしょうが

私なりに簡易気化式加湿(器)を作り使用しています。
小さめのプラスチック容器に併せてキッチンペーパーをロールし
それを半分に折って正面から見ると三角形になるようにして
自然気化式にしています。私的に1番お手軽でお勧め。

【NOTOHIBAKARA エッセンシャルウォーター 200ml】を使うときは
多目にキッチンペーパーに吹き付け
【NOTOHIBAKARA エッセンシャルオイル   5ml】を使うときは
キッチンペーパーを入れる前に水とオイルを1、2滴入れて
作業場近くにおいて木の香りを感じながら作業しています。

ちなみに体験会で説明してくださった1人の方は
アロマ用のディフューザーでの使用が1番のお勧めということでした。

また、お風呂場でも使用しています。
お風呂場では【NOTOHIBAKARA エッセンシャルオイル 5ml】を
お風呂場の窓枠のサッシをとめる為更に外側が木枠になっているので
その木枠の端2ヶ所と中央の計3カ所に数滴ずつ垂らしましたが
お風呂場は湿気が多いから乾かないのかシミなのかという感じの跡が
気になる方はやらないもしくは見えない箇所でというのが良いでしょう

また「部屋での使用(その2)」で紹介した簡易加湿のようなものを
お風呂を沸かすスイッチを入れる時から風呂蓋の上に置いておき
入浴中も匂いを楽しんでいます。
ですが入浴剤によくある森林浴の香りという感じではなく
木材の香りといった感じなので木のお風呂に入った事は
恐らくないのですがそちらの方が
イメージに合っているのではないかと思います。

匂いは入浴で湯気が充満しているため湿度も高いということもあってか
ほのかに木の香りがするという感じです。
また木枠へのオイルは1回しかしていないということもありますが
最初に施行した翌朝が1番印象に残っていて
脱衣所とお風呂場の間が雨戸なので毎朝開けるのですが
その時はこんなに木の匂いしてたっけという良い気持ちになりました。

私が試した使用法は以上ですがサイトを見てみると
他にも色々な方法が書かれていますので
興味を持った方は↓より御覧ください。

以上で
【NOTOHIBAKARA エッセンシャルウォーター 200ml】と
【NOTOHIBAKARA エッセンシャルオイル         5ml】の
紹介を終わります。

<広告>

「日本ブログ村」に参加しています宜しければ ポチッと押して下さい


にほんブログ村

« »