紫陽花の剪定とカサブランカの花柄摘みをしました

花関係

先週の7月10日に花色もだいぶ褪せていたので剪定をしました。
去年は強剪定をしたので今回は普通の剪定ですが
前の家に植えさせて頂いているので
出来るだけコンパクトになるように剪定をしました

剪定前の写真です

剪定後の写真はこちら

写真は7月10日の剪定後の写真ですが
7月18日の朝に軽くですが剪定したので
更にコンパクトになっています

よく花のすぐ下で切るのではなく
花から2~3節下の花付け根にある大きな芽のある個所の上
2~3㎝上で切ると言われていますが
先程書いたように出来るだけコンパクトに育てているので
家の場合は自然と2~3節下もしくはそれ以上下で切っていると思います

剪定の下には

もう既に大きな芽を見ることが出来ます
紫陽花の剪定については以上です

続いてカサブランカについて
長雨の影響もあってか
最初の方に咲いた花も長持ちし早々に枯れることもなく
満開のような状態になりましたが
さすがに花びらの縁が茶色くなってきたので花首をカットしました

満開時と思われるカサブランカ(その1)

満開時と思われるカサブランカ(その2)

下のように花びらの縁が茶色くなったりしてきたので
今回のカサブランカは花首をカットしました

剪定後のカサブランカ

「トライアンファーター」と「コンカドール」は
カットを1回にするため上の方でカットしましたが
「カサブランカ」は花首1つ1つをカットしました

ユリが咲き終わってしまうと
家にある植物では大文字草やホトトギスの秋の山野草と
剪定したダリアが咲くまでしばらくは無いと思います
それでは今回も最後まで御高覧頂きありがとうございます

<広告>

「にほんブログ村」に参加しています。他の方のブログもご覧頂けます。

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA