カサブランカが咲き始めました

花関係

「トライアンファーター」や「コンカドール」は散ってしまったので
先端の方を切り落としました。
本当は花の付け根(横に伸びている茎の部分)を切るのですが
今回は切るのが1回で済むので
1番下の花のすぐ下の茎の部分をカットしました

今シーズンは緩効性化成肥料と合わせて施肥するかは未定ですが
液体肥料(私は水に溶かす粉末肥料)を水遣りのように施肥しています

その際
例えば袋に2週間に1度何千倍に薄めて…と書かれていると思いますが
以前、それよりさらに薄めにし毎回水遣りがわりに施肥したほうが
効果があると何回か聞いたのでそれ以来休眠期以外の植物には
毎回そのように薄めた液体肥料を施肥しています

そして「カサブランカ」が咲き始めました
下は昨日の写真ですが
何で今回は花びらが細いのか?と思いました

昨日の7月10日にこの花を見た時
花びらが例年と比べ細く波打っていたので
育て方が良くなかったのかと思いましたが

そして今朝(7月11日)の写真

今朝見たら花びらが太くなっていました
まだ開ききっていなかったということでしょうね
まだ波打っている箇所もあるので
より全体的に幅広く綺麗に咲いてくれると思います

ところで前々から不思議に思っているのですが
カサブランカの花びらの突起って何のためにあるのか?
と思っているのですがご存じの方はいらっしゃいますか?

ユリはこの鉢に植わってるのが最後ですが
まだ蕾状態の株もあるのでしばらくは楽しめそうです
それでは今回も最後まで御高覧頂きありがとうございます

<広告>

「にほんブログ村」に参加しています。他の方のブログもご覧頂けます。

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA